家全体をダブルで断熱することにより、圧倒的な断熱性能を実現。
夏は涼しく冬は暖かく。
次世代省エネ基準(北海道) もクリアしたワンランク上の高断熱住宅。

「外張ダブル断熱の家」

「外張ダブル断熱の家」は、建物全体のの外側を、アルミ箔面材断熱材ですっぽりと包み込み、木部や金物からの熱橋を無くし、さらに内側に高性能断熱材を付加断熱することで、住宅の性能を極限まで高めた住宅です。

柱の外側(外張断熱)と柱の内側(付加断熱)を断熱する
ダブルの断熱だから、夏は涼しく冬は暖かい室内環境を作ります。

柱や、垂木(桁)の構造体の外側から断熱材ですっぽり包み込むので、木部や金物から熱橋の心配がありません。

外張断熱に加え、断熱材を内側に充填することにより、断熱性と気密性を一段と向上させることができます。

土の中から基礎の立ち上がりまで、基礎をまるごと断熱材で包み込むので、床下に冷気がはいりません。

断熱仕様

外張断熱で、構造躯体をまるごと包み込むので、熱が逃げやすい熱橋がありません。外気の影響を受けにくく、室内の温度を快適に保ちます。断熱性能が高いから、冬だけではなく夏も快適に過ごせます。

外張断熱の内側に、さらに断熱材を付加するW断熱。住宅内の熱を逃さない。

冷気を伝えやすいコンクリートの外側から断熱するので床下に冷気が入り込みません。冬場も廊下が冷えにくいです。

UA値も最高水準!! 外張ダブル断熱の家
UA値(外皮平均熱貫流率)比較

※弊社のモデルプランにより算出、数値はプランにより異なります。

建物に生じる隙間を徹底的にふさぐから、外気の影響を受けにくい。

気密テープと発泡ウレタンで建物の隙間という隙間をに塞ぎます。

隙間が少ない住宅
C値(隙間相当面積)比較

隙間が少ない住宅
C値(隙間相当面積)比較
※平成25年省エネ目標値は4地域の場合の目標値
※クレバーホームは25年省エネ基準4地域におけ値

断熱材の両面に遮熱性に優れる「赤外線反射タイプ」のアルミ箔面材がラミネートされています。一般に建物を高断熱化することで、冬の寒さには強くなりますが、夏場には室内の熱が逃げにくくなり、冷房効果が悪化すると言われています。そこで、アルミ箔で遮熱することにより、夏の暑い日射を防ぎます。また、湿気や紫外線も防ぐので断熱材の劣化も防ぎ、断熱性能が落ちることなく、防ぎます。

遮熱性能に優れた
赤外線高反射タイプの
アルミ箔面材付です。

アルミ箔面材はフォームを水蒸気や紫外線等から 保護するほか、難燃性の向上も期待できます

アルミ箔の高い赤外線反射率によって、 夏季の遮熱に効果があります

家全体をすっぽりと包むキューワンボードの両面に貼られたアルミ箔面材が、夏の暑い日射を反射し、幅射熱の侵入を防ぎます。 第三者機関の試験結果では、硬質ウレタンフォーム+両面ポリクラフト紙と 比べ、夏期の熱貫流量(外壁)を約48%削減しました。 キューワンボードは硬質ウレタンフォームなのでホルムアルデヒドが含まれておらず、ホルムアルデヒド放散量で国内最高の安全基準である『F☆☆☆☆』 と同等です。 材料にはノンフロン材を使用しており、温室効果ガス削減にも効果的なエコ建材です。窯業系サイディングとの組み合わせて防火構造認定、45分準耐火構造認定を受けており、 防火対策も万全。これも、私たちが追求しつづける「環境設計の家」の、具体的なカタチのひとつなのてす。

省エネの換気システムで空気をキレイにします。

夏は涼しく、冬は暖かく。熱を逃さない

高気密・高断熱住宅には新鮮な空気を取り入れ、汚れた空気を排出する計画的な換気が必要不可欠です。
外張ダブル断熱の家は、第一種換気システムの熱交換型なので熱ロスが少なく、冷暖房費を大きく節約します。

真冬の早朝でも、暖めた空気がさめず快適です

寒い冬の朝でも寒くない。

室内の暖かさや涼しさを再利用しながら換気するので省エネ。

住宅内のお部屋の空気を常にクリーンに保ちます。