知らないままでは損をする

CM・CPM方式とは

●4つの大原則

 ・断熱

 ・気密

 ・計画換気

 ・冷暖房

●クレバーホームの
       基本構造性能

 ・断熱・気密性能

 耐震・耐久性能

 健康・快適性能

 木を生かす

高新軸組工法、面材体力壁、剛床構造、鉄筋コンクリート布基礎
こだわりの高耐久工法で、安心の住まいをがっしり支えます。

新軸組工法

接合金物により、構造接合部の強度を大幅に向上。

構造体の接合部は、頑丈な金物を使用し、木材の唯一の弱点とされるせん断力に対して大きな対抗力を発揮しています。

在来軸組工法と比べ、木材の断面欠損も大幅に少なくし太い構造体はそのまま接合できるメリットが生まれ、高強度の接合部を実現しています。

クレバーホームの新軸組工法は家全体の一体性を高め、不意の地震からも家族と大切な財産を守る住まいを実現しています。

 

剛床構造【※注1】

床も一体化させ、地震や台風に耐える剛床構造。

一般木造住宅の2階床面は、梁の上に細い根太を渡し、その上に床面を取り付ける「ころばし根太」構造になっています。

この場合、梁や床面に受けた力はこの細い根太や薄い合板の接合部に集中します。このような弱い部分から先に変形し、建物全体のバランスがくずれ、倒壊に至る可能性が考えられます。

クレバーホームでは、さらなる耐久性の向上のために、1・2階床面に24mmの分厚い構造用合板を使用し、梁や合板の力を100%引き出す剛床構造にしています。

 

【※注1】剛床構造
地震時に特に大きな力が加わると同時に、その力を耐力壁にキチンと伝える役割を担うのが2階の床です。
従って、十分な強度の耐力壁であっても、床の剛性が不足していると、耐力壁の強度を発揮することができません。
クレバーホームでは、水平剛性が高い剛床構造を採用しています。

 

 

 

鉄筋コンクリート布基礎

住まいを一体で支える、頑固な基礎。

基礎には、建物をしっかりと支え、地震などの外力を地盤にスムーズに分散させる大きな役割があります。

クレバーホームでは、荷重に対して一体で働き、圧縮や引っ張りに強い鉄筋コンクリート製の連続布基礎(立ち上げ高さ900mm)を標準採用しています。

 

●コーナーハンチ【※注2】
建物の力が集中する布基礎の外周部出隅コーナーは、三角形のコーナーハンチを設けています。鉄筋とコンクリートで補強されたこのコーナーハンチが、基礎構造の強度を高めています。

【※注2】コーナーハンチ
基礎のコーナー部分は、不均等荷重や地震時に負担が集中しやすい箇所です。
そこで、基礎のコーナー部をハンチ形状とすることで強化し、外力をバランス良く分散させ、地盤に力を逃がす重要な役割を果たします。




基礎断熱工法

基礎断熱により床下・床上の温熱環境を一体化。

基礎断熱は床下空間を室内空間として考え、土間コンクリートを打設し、地盤面からの湿気を抑え、さらに蓄熱体として利用するため、冬期、床が冷たくなりません。また、計画換気により床下も常に換気されているため、空気のよどみがなく結露が発生しにくくなります。

●基礎断熱が温度の安定環境をつくり、耐久性と断熱性を支えます。

断熱材は住まいの耐久性と快適性を大きく左右する重要な要素です。床の断熱法は、これまでは床の直下に断熱材を入れる床断熱が一般的でした。しかし、この方法では、床下空間が断熱されない空間となってしまいます。

そこでクレバーホームでは、床断熱よりも断熱性、気密性において信頼度の高い、基礎で断熱する基礎断熱を採用しています。基礎断熱住宅の床下環境は、床断熱の場合よりも温度が安定して保たれます。

●床下換気による湿気の放出

床下は、土中から立ち上る湿気がたまりやすい部分です。床下の換気口から換気口へ自然換気にまかせているだけでは、湿気やよどんだ空気は効果的に排出されません。
とくに新築1年目は、基礎に使ったコンクリートからの水分が発生するため、床下空間はかなり高湿化されることが予想されます。いくら乾燥木材を使用しても、湿度が高い状態が続けば木材の含水率が上がる可能性があります。
また、床下には臭いがこもりがちです。
そのためクレバーホームでは24時間換気システムによる床下の換気を実現しています。基礎断熱+計画換気で年間を通して一定温度が保たれる床下空間は、収納スペースとして利用価値が大きくなるほか、冬期の水道凍結の心配もなく、面倒な水抜きからも開放されます。




面材耐力壁

地震の揺れを吸収し、家全体の荷重を支える耐力壁

十分な量の耐力壁をバランス良く配置し、建物の構造安定性をアップ。
強固な構造の重要なポイントである建物の強度は、建物を支える構造部分である耐力壁を適切な位置にバランスよく配置することがポイントです。
クレバーホームでは、壁の配置のバランスなどを厳しくチェックして、構造安定性を高めています。

 

 

株式会社ケイ・エイチ・ピー 〒038−0042 青森市新城字平岡109−2
Copyright©2007, K・H・P Co,Ltd