知らないままでは損をする

CM・CPM方式とは

●4つの大原則

 ・断熱

 ・気密

 ・計画換気

 ・冷暖房

●クレバーホームの
       基本構造性能

 ・断熱・気密性能

 耐震・耐久性能

 健康・快適性能

 木を生かす

 

 

気密についてLine

快適に暮らすために必要な住宅の性能を考えた時、
私たちは、家の中で感じる暖かさや寒さといった、
温熱環境に大きく影響を受けていることがわかります。

自然の環境を受け入れて季節を感じて生活したほうがいいじゃないか。
という意見もあるかと思います。

人間健康なときはそれが出来るのですが、
いざ体調を崩したときや高齢になったときに、
やはり住宅は、私たちの命を守る器でなければなりません。

風雨はもちろん、外に棲む動物や虫から身を守り、
外気を出来るだけ遮断して安心して暮らせる環境を造るべきだと思います。

それを実現するに、
隙間をなくし、空気の出入りを制限出来るように気密化するのです。
断熱とも深い関わりがあるのです。

隙間だらけでは、
いくら性能が良くて、厚い断熱材を使ってもせっかくの快適環境が逃げ出してしまいます。


クレバーホームでは硬質ウレタンボードで断熱施工をしていますが、
このボードで家全体を包み込むことで同時に気密化も行っています。
ボードのジョイント部や窓枠との取り合い部分にはすべて気密テープを貼り、
同素材の充填材を施工して高い気密性能(隙間相当面積0.57p2)を実現しています。

 

 

株式会社ケイ・エイチ・ピー 〒038−0042 青森市新城字平岡109−2
Copyright©2007, K・H・P Co,Ltd