知らないままでは損をする

CM・CPM方式とは

●4つの大原則

 ・断熱

 ・気密

 ・計画換気

 ・冷暖房

●クレバーホームの
       基本構造性能

 ・断熱・気密性能

 耐震・耐久性能

 健康・快適性能

 木を生かす

 

 

計画換気についてLine

断熱と気密化工事をすることにより、
空気の移動を制限し保温性の高い住宅を手に入れることが出来ました。

従来の住宅に比べ熱エネルギーのロスを低く抑えることが出来るため、
燃料費や冷暖房機器の負担も少なくてすみます。

しかしながらその優れた気密性により、
室内で発生した水蒸気や、人体から発生する炭酸ガス、臭気などで空気が汚染され、
排出されないまま室内にたまっていくことになります。

また断熱・気密化しただけの住宅では、
冷暖房をしている部屋と冷暖房をしていない部屋に温度差が出来、
結露の原因に なっていきます。

脱臭機能を持たない冷温蔵庫と同じことです。

その都度手作業で窓を開閉し、
健康的生活に必要な空気を確保するための換気も出来るでしょうが、
あまり効率的ではありません。

そこで、
『熱のロスを最小限に抑えながら必要な換気を自動的に行ってしまおう』
というのが計画換気なのです。

ここでいう計画換気は熱交換器を内蔵しており、
外部からの新鮮空気を熱交換器を通すことで、
室内温度に近づけてから 室内に取り込みます
から、
冷暖房のロスが非常に少なくなります。 
同時に室内の汚れた空気を24時間常に排出してくれる のです。
 
計画換気システムによって、
家の中に、健康的な空気の流れが24時間常にあるため、
家中の温湿度の差が非常に少なくなり 結露も起こりにくくなります。
このシステムによってよどみの無い快適な室内環境を生み出してくれるのです。

 

 

株式会社ケイ・エイチ・ピー 〒038−0042 青森市新城字平岡109−2
Copyright©2007, K・H・P Co,Ltd