知らないままでは損をする

CM・CPM方式とは

●4つの大原則

 ・断熱

 ・気密

 ・計画換気

 ・冷暖房

●クレバーホームの
       基本構造性能

 ・断熱・気密性能

 耐震・耐久性能

 健康・快適性能

 自然素材

断熱についてLine

なぜ断熱が必要なのでしょう?

暖かくするため、
青森の冬は寒いんだから、断熱してないと寒くて暮らせないからといった答えでしょうか。

では、暖かい地方には必要の無いものなのでしょうか?
断熱しただけでは建物内の温度が上がったりはしませんよ。

ね。ここが大事なところです。
断熱することによって暖房して蓄えた温度を外に逃げにくくしているのです。
また外の熱を家の中に入りにくくしている訳です。
ですから暖かい地方でも、夏場に屋根面や壁面が受ける熱を、
家の中に入れないよう にするためには断熱がとても有効になります。


肝心なのは断熱することによって熱の移動を極力遮断することなのです。

現在住宅の断熱には大きく分けて2種類の工法が採用されています。

工法としては、
@柱や間柱のあいだに断熱材を入れ込む充填断熱工法
A柱や間柱の外側に張り付ける外張り断熱工法
があります。 

素材としては、一般的なグラスウールと呼ばれる綿状の製品と、
発泡ウレタン系の材料を板状に成型した製品が一般的に使用されていますす。

他にもさまざまあるのですが住宅用としてはこの2種類が多く採用されているようです。

どの工法、どの素材を使って施工するかは、
ハウスメーカー、工務店によって独自に決定されています。

断熱工事で一番大事なことはできるだけ隙間を作らないこと。

綿状の断熱材を使用する場合は、
家の中の水分が断熱材の中に入らないよう防湿の処理をすることです。
壁の中の断熱材に水分が入り込むと断熱性能が得られなく なります。
ひどい例だと壁の下のほうに落ち込んでしまうといったことも起こります。

また、充填断熱の場合は製品を寸法に合わせてカットする必要があり、
施工精度によって多少の差がでます。
気密化され た住宅では、隙間になっている部分が弱点となり、
結露を引起したり冷暖房コストに跳ね返ってきます。


それに比べて発砲ウレタン系の断熱材は変形しにくいため、
隙間さえ作らなければ断熱性能を長期にわたって持続することができます。
しかもそれを外張りすることによって家全体をすっぽり包み込んでしまえば、
ほとんど完璧な断熱施工となります。

クレバーホームは、
発砲ウレタン系の断熱ボードを使用して外張り断熱工法を採用しております。


当社の使用しているボード は、硬質ウレタンボードに防湿紙を両面貼り付けて、
建物内外の水分が断熱材の中に入らないように出来ています。
施工の段階でできた隙間には、同素材の充填材を吹き込みますので、
断熱ロスがありません。

この方法が絶対とは申しませんが、
施工性、持続性において現状で1番効果的な断熱法だと考えています。

 

 

株式会社ケイ・エイチ・ピー 〒038−0042 青森市新城字平岡109−2
Copyright©2007, K・H・P Co,Ltd